■メールを返信してもらうには

出会い系サイトにいざ登録して女性にメッセージを送っても返信がないと嘆いている男性諸氏はたくさんいるのではないでしょうか。

男性も女性もお互いに出会いを求めているのに、なぜこんなに情熱に差が生じてしまうのでしょうか。

実は女性は出会い系サイトの中では男性に返事をしたくてもできないという状況に置かれているのです。

それを知らずにメッセージをひたすらに送り続けてもほとんどが返信してもらえずイライラが募る一方です。

当記事では女性が男性に返信できない理由を解説して、そのあとで返信してもらえるテクニックを解説していきたいと思います。

例えば、これは有名出会い系サイトに登録した女性の話ですが、顔写真を載せたとたんにあっという間にメールが来て50通以上も男性からメールが来たそうです。

さすがに多すぎるのでプロフィールの画像を外しても、アクティブ女性覧にログインした女性がのるのですが、そこから男性からメッセージが送られてくるそうです。

出会い系サイトにおいては、女性は貴重な存在として男性からのお誘いが殺到します。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

私が女性だったらそんな無駄な労力を使わずに、自分のタイプの人をみつけて自分の情熱をアピールすると思います。

これが記事の冒頭で記述した女性が男性になぜ返信できないのかと言うことです。

女性が男性から送られてくるメールの多さに返信させる気力も時間もなくさせてしまっているということです。

まず女性の目にとまらなければどれだけ情熱を込めたメールを送ったとしても返信してもらえません。

■返信率の高いメールの書き方

出会い系サイトにおける女性の環境がわかれば、適当に何通も送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●まず自己紹介をする

当たり前のことですが、ファーストメールでは、まず挨拶や自己紹介をしましょう。

相手に好印象を抱いてもらうコツとしては自分の名前を本名で伝えると言うことでしょうか。

本名を漢字で伝えることにより、相手に好印象を持ってもらうのと同時に信用もしてもらえます。

さらに、これから女性と仲良くなっていく中でお互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべったりというコミュニケーションが必要になってきます。

そのために、先に自分の名前を知ってもらうことで、自分のことは○○ってよんでね!と伝えることができます。

●なぜその女性にメールを送ったのか

出会い系サイトを始めて間もない人は、よく初めてメールを送るときに、プロフィールで気が合いそうだと思いました!なんて簡潔な文章を送ってしまいがちです。

プロフィールの具体的にどこが気になって何を思ったのかをファーストメールに書くことで、相手の心に響いて、好印象を持ってもらうことができます。

まずは相手のプロフィール項目をなめまわすようにみて、話のネタを考えましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

相手の肌が綺麗だとか、目鼻立ちが整っているだとか、ファッションセンスがいいだとか、活字だからこそいえるようなことを言ってあげれば、すごく喜んでもらえます。

もし自己紹介覧などから相手の心に響きそうなネタを拾えなかったら、画像を見たときにびびびっときた!なんていってあげるのもとても重要です。

●メールの最後の文章

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

よかったら友達になってくださいとか、ありきたりなよくある言葉で締めてしまっている人が多いのですが、これでは他の人と差別化できずに埋もれてしまって返信率があがりません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

相手の女性からしたらメールはつまらないし、その割になんか軽いテイストのメールだし、何でこんなやつに返信しなきゃならないんだって思ってしまいます。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

つまり、すごい丁寧な文章のメールを送ることによって、相手の女性にこれだけ私のことを思ってくれているの!って思ってもらえることができます。

こういう人間心理に根ざしたテクニックを心得ておくことにより、相手の心を揺さぶって返信率を劇的に高めることができるのです。

●ファーストメールは簡潔に書く

出会い系の使い方のテクニックなどの記事を見てみると、ファーストメールはなるべく長く書くということが書いている人がいますが、それは間違っています。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

そもそも長文メールに返信し照れる女性よりも、ぱっとみの見た目で文章が長いだけで読んでもらえる可能性が低くなります。

それにすべてのメールの文章を長文のメールにしていたら、どれだけ時間が合っても書き切れないでしょう。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■メールのテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系での全般的なコツとして以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれもこれも言われてみれば当然のようなことを書いていますが、その当然のようなことを普通に実践できる人が出会いの確立をアップできる人です。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●丁寧な言葉遣いをする

丁寧な口調と言ってもお客様みたいな感じに扱う必要はありません。あくまでも男女の間の丁寧さでかまいません。

今のこの記事内容くらいの口調くらいがちょうどいいとおもいます。丁寧になりすぎず、重くなりすぎずというのがちょうどいいと思います。

もちろんですが、お互いの仲がよくなってきて、徐々にため口なども取り入れていけばさらに仲良くなれると思いますが、最初は謙譲語や丁寧語を使うようにしましょう。

そもそもありきたりな丁寧な言葉遣いすらままならないような人は、相手にもしてもらえない可能性がありますから、言葉遣いというのはとても重要です。

なので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、お互いに丁寧語を使うことにより、尊敬してもらいやすくなるでしょう。

●貼り付けはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

自分に向けた情熱みたいなものが感じられないので、直感でわかるのです。

少しでもコピペメールだと思われたらその女性から返信が来る可能性は少ないでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで自分に対して親近感を感じてもらえるようになります。最初の3通くらいは相手の名前を出して距離を縮めるようにしましょう。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●質問をする

出会い系サイトに限った話ではありませんが、相手に気持ちよく話してもらうにはこちらからうまく質問をする必要があります。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

次のような質問はあまりよくない質問例です。○○さんはイタリアンが好きですか?

質問した側の想定で言えば、パスタが好きです、という答えが返ってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを考えていると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性からしたら、このパターンはやり尽くした感があって、またこのパターンか、と思われてしまってつまらない男だと思われてしまいがちです。

いい質問というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問することです。そうすることにより相手に興味を持ってもらって感情のこもる文章になります。

●文章量を相手と同じくらいにする

2,3通目のメールからは文章量や時間などは相手に合わせることにより、よりいっそう仲良くなることができます。

例えば、相手が5行くらいのメールだったら、こちらも4,5行くらいのメールの文章量にすることにより、いい印象を抱いてもらいやすくなります。

他には相手のメールの返信ペースが速いならこちらも早めに返して、相手が遅いならこちらも少し時間をおいて返信することにより、相手に気を遣ってもらっているという印象を持ってもらって、好かれやすくなります。

ですがデメリットとして相手の感覚に合わせすぎると、違和感をもたれてしまうので、少しずらしたりすることもテクニックの一つです。

●楽しい雰囲気の時にやりとりをやめる

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

これはなぜか、それは楽しさのピークが過ぎてしまったので、次のメールをやり始めるときのモチベーションが下がってしまうからです。

最初はすごく楽しさ全開だったけど、段々話す内容もなくなってきて、あきちゃったと思われてしまうと次のメールがモチベーションが続かず尻すぼみになってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、楽しいピークの時にあえてやりとりを中断するというテクニックがあります。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

●直接やりとりできるようにする

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

ですので、この人とだったら仲を深めたいと思ってくれたら、すぐにでもラインなどを交換してくれます。

5通10通とやりとりを重ねていても、プライベートなアドレスに移そうといわないということは、女性からしたらあまり自分のことをすいてくれていないという判断をされてしまうでしょう。

女性はそもそも出会い系サイトでの出会いに対して最初から不安感を感じながらやっているものです。

じわじわ仲良くなれたら仲良くなってもいいけど、すぐに会いたいと行ってくる男性はあまり信用していないというのが女性側の心理です。

なので、焦らずに少しずつ女性との距離感を縮めていくことが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

さらに、そこから返信率がよかった女性に積極的に返信することにより、さらに返信率を上げることができると思います。

●女子大学生

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生の場合はこれは単純に若いからと言う理由で好奇心の強さや、まだ人生経験があまりないのでいろいろ経験してみたいと思っているからです。

また、若い人は嫌な人間だと思われたくないと思っているので、30代の大人などと比べて返信率に如実な結果として表れるのです。

さらに主婦ですが、女性というのは何歳になってもちやほやされたいですし、異性から女性としてみてもらいたいという欲求があります。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも既婚者で旦那もいる主婦という存在が出会い系サイトに登録して利用している時点で異性をもとめているということなので、狙い目であるというのはすぐにわかります。

●夜遅くにログインしている女性

朝8時くらいに起きて出社して仕事から返ってくるのが夜7時くらいだとすると、21時以降というのは、個人的な暇な時間帯です。

好きな映画を見たり、録画しておいたバラエティ番組を見たり、ゲームをしたり、個人の自由な時間を楽しむ時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会い系サイトを使ってくれている女性に対して、真剣なメールを送れば簡単に返信してくれるでしょう。

また人間としての習性として、夜に行う行為は本能的な行動になりやすいという研究もあります。

昼の時間帯だったら、ブレーキがかかるところを、夜の行動であれば、本能的に行動してしまいやすいという特徴があります。

以上のようなことから夜遅い時間帯は男女の交流のパーフェクトな時間帯だといえるでしょう。

●共通点を探す

似ている職業だったり、出身地が近かったりなど、あなたと女性との間に共通点が多ければ多いほど、相手の返信率が高くなります。

住んでいた人にしかわからないような地域性の高い話をしたときに、もりあがったりしたら嬉しいですよね。

そして、これはリアルの人間関係でも使えるテクニックですが、出会い系サイトにおいても使えるテクニックなので、共通点を見つけたらぜひ試してみましょう。

●相手を操る会話術

出会い系サイトでのやりとりに限らず、リアルの私生活でも自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらいいと思いませんか。

ですが、それが簡単に使えて誰でも実践できるテクニックだとしたら、あなたもすぐに身につけたいと思うはずです。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、返しのパターンを準備しておくことが大切です。

例えば、相手と何通かやりとりをして、仲が深まってきたときに相手の名前を聞いたときにすぐに教えてくれるときと、まだ仲が深まっていなくて教えてくれないときもあります。

このとき、教えてくれない女性に対して、起こったりテンパったりしてしまっては、相手の女性から信用してもらえません。

ですが、相手がどういう返信をしてくるかをすべて想定しておくことにより、どんな返事が返ってきても優雅に返信することができます。

そうすることにより、相手からどんな内容が返信されてきたとしても、もう返事の形を用意しているのですから、自分がもっていきたいポイントまでもっていって、会話の流れを導くことができます。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

●情熱が大切

ここまでの内容はいかがでしたでしょうか。あなたが本当に望んでいるテクニックが手に入ったでしょうか。もし満足していただけたなら大変嬉しいです。

ですが、出会い系で返信がもらいやすいノウハウというのは、テクニックではなく純粋に「あなたのことが好き」という情熱だと思います。

それはなぜか?女性と自分の相性も千差万別ですし、文章も多様なので、このパターンがいいなんていうのはないからです。

自分でもよくわからないのですが、相手と仲良くなりたいという思いがあれば、自然と相手に伝わって、うまくいくようになります。

ある程度仲良くなって、直アドでやりとりをするような段階になると、ある程度相手の女性をゲットしたというような気持ちが出てきて、ついつい横柄な胎動になりがちですが、最後まで態度に気をつけましょう。

直アドをゲットしたからといって、自信過剰にならずに、最後まで謙虚な姿勢で大切に扱いましょう。

返信率が高くなる文章というのは存在しますが、理屈にばかりこだわらずに、人間的な部分を大切にしましょう。

何度も言いますが、出会い系でのやりとりのコツはこの人と仲良くなりたいという人間的な部分です。

だからこそ出会ったときに楽しいひとときを過ごせると思いますし、幸せなカップルになれると思います。